スポンサーサイト

--/--/--(--)
スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 Page up▲

主人公たちとスク水くノ一

2011/08/26(Fri)
【イラスト】記念絵その他

主人公たちとスク水くノ一

クリックで大きい画像を見ることができます。線画はこちら→


「木いちご賛歌」第2期の主な登場人物です。デジタルでペン入れの練習しました。
色塗りはついでです。厚塗りだと途中で疲れてしまうので水彩っぽくしてごまかしました。
あかりの髪色が少し強すぎる感じしますが、主人公ですし一番見てもらいたいのでそのままに。

何度かカラー化してきたあかりですが、その度にイメージが変わってますね。(汗)
当初はあかりが銃を持ってたんですが、全体のバランスが悪くなったので割愛しました。
マヤと愛実様は初のカラー化でしたが、それぞれ分かりやすい色合いに収まってると思います。
個人的には、マヤがイケメンに描けて嬉しかったですよ!要らない子じゃないって何度言えば。
スク水くノ一は相変わらず出しゃばってますが、いつかあかりに叩きのめされる日も来るでしょう。

パッケージ詐欺みたいなこの絵をきっかけにして、漫画の読者が増えたら嬉しいんですが、
しばらくは続きを書く予定がないので…ホントすみません。漫画は気力がいるんだもの。
スポンサーサイト

Comments(3)  Page up▲

スタイリッシュ裸エプロン

2011/08/16(Tue)
【イラスト】記念絵その他

スタイリッシュ裸エプロン

クリックで大きい全身画像を見ることができます。


暑さにやられて…いかがわしい絵に本気出してどうするんですか。(汗)
個人的な意見ですが、裸にエプロンというのは間違っている。服は後から脱ぐものです。
今回は小癪にも物語性を与えてみましたので、自由に妄想して暑さを乗り切ってくださいね。

実はここだけの話、裸エプロンを描くのはこれが初めてじゃないんです。
数年前、絵のネタに困っていたときに、友人に「何か描くものはないか」と迫ったところ、
少しテレながらもリクエストされたのが裸エプロンでした。うん、まぁ…若かったんだね。
当時から「絵は常に全力で」というスタンスだったので、その裸エプロンも全力でした。
ついでなので、過去の自分に敬意を表してここで公開してしまいましょう。こちらです→

Comments(0)  Page up▲

自己紹介

2011/08/08(Mon)
自己紹介

前の記事の大部分を引っ込めてしまったので必要かと思いまして。
内容は不定期に更新されることがあります。何かありましたらコメントから。


【Yossism:とは】
管理人(Yossy)の漫画やイラストを展示するブログです。

【現在進行中のこと】
「木いちご賛歌」第2期、「ヘロリ王子ご乱心!!」はいずれも気が向いたら。
絵は少しずつ描いてますが、ブログの更新意欲はかなり減退してますね。

【作業環境】
ペンタブはWACOMのintuos2、主なソフトはIlluststudioです。
最近、WACOMのCintiq 13HDを入手し、実用に向けて慣らし運転しています。
「木いちご賛歌」はペン入れまでアナログ、ベタ塗り台詞入れ等はデジタルです。

【とりあえずの目標】
「分かりやすい」「シンプル」な絵を目指してます。
「芸術的」「個性的」な絵は描けないですし、それを目指して突き進む気もないです。
私は絵を描くこと自体より、自分の作品を使って人を楽しませることに興味があって、
見てくれる人にとって「価値のある」「意味のある」絵を描きたいと思っています。

【目標を達成するために】
絵を描くときは今の実力を超えるつもりで全力で描く。量より質。質の高いものを量産する。
「下手だから」「手抜きだから」「時間がなかったから」と言って自分を守らない。
自分の絵の良いところ悪いところを挙げていく。良いところを多めに挙げるとやる気出る。

【得意な絵など】
気味の悪いギャグ絵、等身の高い女の子絵など。あまり描かないけどマッチョ絵も好き。
前に一度、外で絵を展示したときに、普通の女の子を描いたつもりだったんですが、
アンケートに「エロい」と指摘されてしまったので、そのまま軽めのエロ絵も練習中です。

【参考にしてるもの】
参考書はお金かかるし場所取るしどうせ読み切れないし…ということで数を絞ってます。
メインで使ってるのはルーミス氏の「やさしい人物画」。基礎から応用まで大いに役立つかと。
さらに美術用のヌードポーズ集と、好きな絵描きさんの画集をプラスすると安定してきます。
漫画を書きたいのなら菅野博之氏の著書がおすすめです。私は「快描教室」持ってます。
デッサン人形は「オビツボディ27」シリーズが関節も多くて2000円以下とお手ごろですが、
かなりデフォルメされてるので、参考書で人体のバランスを理解してから使いましょう。
あと、本来は服を着せて飾るものなので、全裸のままだと管理に困りますね。(汗)

Comments(1)  Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。